ワーキングママ 弁理士試験 育児  資格


by junetoro

 短答翌日からの2014年度弁理士試験に向けての勉強

 2013年度の弁理士短答試験の結果は、全然ダメ(26点前後)。

 では、2014年度の弁理士試験に向けてどのように勉強を進めていくか。

6月、7月、8月は、特・実・意・商の入門DVD講座を聞き直すことにしました。
 
 (前年度、無謀にも予備校の1年合格パックを購入しております。)

 ⅰ)その際に、条文の意味・要件・効果を理解しながら進めていく。
 ⅱ)該当箇所の青本も読む。

 特・実・意・商の4法で、20回の講義。
 1回の講義が1時間半ずつの前半と後半に分かれているので、
 1日に前半か後半のいずれかを聞くとすると、少なくとも2時間は、必要。
 
 このための時間は、朝、子供が起きてくる前の時間を使うことにします。

 短答翌日からの勉強方法は、昨日、職場の受験の先輩に話を聞いてもらい決めました。 
 先輩のアドバイスに感謝です。
 そして、一緒に弁理士になる日を目指します。
  
にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村
[PR]
by junetoro | 2013-05-28 06:31 | 学習計画